オトナのオトモ日記

モンハンを主軸とする、ゲームブログです。小説も書いたり、たまに映画鑑賞日記も。雑食性です。

大神はじめました

f:id:u-tap-on10:20180815185809j:image

プレイステーション2の名作、『大神』のリマスター版がニンテンドースイッチでも発売されました。

この大神、PS3でもPS4でも、Wiiにも、さらにXBOXやパソコン版としても移植され、発売後10年以上経っても話題にのぼる名作中の名作。日本画タッチという、今でも他に類を見ないグラフィックが特徴的なゲームです。

 

主人公はアマテラス大御神。狼の姿をしているのですが、剣、鏡、勾玉の三種の神器を背負うれっきとした神様です。


f:id:u-tap-on10:20180815191051j:image

このアマテラスが日本画タッチの美しい世界を走りまわるだけで楽しいんですよね。

「神」を表現するため、アマテラスが大地を走り回ると、その跡には花が咲き乱れます。その様子が美しくて、「走った跡に花が咲く」というだけで、何の説明も無しに「神」を表現しているということが衝撃的でした。

 

https://syosetu.org/novel/93781/

昔書いたお話、「賢者の力の使い道」はこのアマテラスの走る様子から発想を得ているのです。鋼の錬金術師二次創作ですが、興味がおありでしたらこちらもどうぞ。

 

閑話休題。そんな花咲くアマテラスの走り、しかも狼らしい「獣視点」のような低めのカメラワークにより、疾走感が半端ないので本当におすすめです。


f:id:u-tap-on10:20180815192027j:image

ただフィールドを移動するだけがこんなに楽しいゲーム、なかなか無いですね。

 

さて今回、数あるリメイク版の中からスイッチ版を選んだ理由がこのゲームのもう1つの特徴、『筆しらべ』です。


f:id:u-tap-on10:20180815192649j:image

このように、筆しらべ画面で円や点、三本線など特定の記号を描くと・・・・

 


f:id:u-tap-on10:20180815195036j:image

太陽があたりを照らしたり、突風が吹いたり雨が降ったり時間が遅くなったりなど、神様の力で様々な現象を起こすことができます。

この『筆しらべ』が、スイッチ版なら画面に直接描くことができるのでより直感的な操作が可能になり、より楽しめるのではないかと。アナログスティックではさすがにやりにくく、爆弾を出す(!)のが正直かなり苦手でした。

 

この筆しらべの種類が増えるたびにやれることが増え、行ける場所が増え。f:id:u-tap-on10:20180815195937j:image

テンポの良いストーリー展開と魅力的なキャラクターも人気なゲームです。

 

 

 

ハンター業はまだまだ続けるつもりなので更新は遅めですが、この『大神』のプレイレポートもはじめていきますので、よろしくおにがしま。願わくば同じゲームを買って一緒に進めましょう

 

 

 

スタイリッシュ漢起爆

突然ですが。「漢起爆」という言葉をご存知でしょうか。

 

このブログに足を運んでくださる大部分の方はモンスターハンター経験者のはずなので、ほとんどが聞いたことがある、もしくは実行したことがあるでしょう。

大タル爆弾、もしくは大タル爆弾Gを置き、起爆用の小タル爆弾や遠距離攻撃を行わず、近接攻撃により自らを犠牲にしながら爆弾を起爆、モンスターにダメージを与える方法です。

 

今日も今日とて狩りに出掛けまして。オトモ猫のオモチが睡眠属性武器のバルキンボールを装備しているのでそこそこモンスターが眠るのです。大タル爆弾Gは常備しているものの、起爆用小タル爆弾まで持ち込むのはアイテムポーチ的にきつい。現状メイン武器はガンランスなので砲撃で安全に起爆はできるのですが。

 

ふと、気になっていつもはやらない起爆方法を試してみました。ジェスチャー「ジャンプ」。

 

ファイナルファンタジーコラボクエストをクリアすることで手に入るこの新しいジェスチャー。フィールド外にまで達するほど高く跳び、着地時にはやや前方に槍を突き立て攻撃するのです。ベヒーモスのエクリプスメテオ時には150ほどの大きなダメージになりますが、その他は1〜3程度ダメージ。

 

ダメージの大きさはともあれ、れっきとした攻撃なので、爆弾の起爆に使えます。

 

さらに今日は、偶然ではありますが転身の装衣を装着していました。大きなダメージを受けた際に、自動回避行動をとってくれるこの装衣、落下や滑走攻撃など空中に居る間に発動すると回避モーションを取らずにダメージだけ無効にしてくれるという便利機能が知られています。

 

 

 

なので・・・・

 

 


f:id:u-tap-on10:20180811215929j:image

転身の装衣装着時に「ジャンプ」で爆弾を起爆すると、空中という扱いになるようで転身モーションが発動せず、本来のジャンプのモーション通り槍を突き立てて華麗に後方に着地します。

 

あまり意味はありませんが。ちょっとだけ。

スタイリッシュ起爆ですよね(*´﹃`*)

 

 

祭とハッピとハッカ飴

だめ押しの本日3回目のブログ更新です。

ベヒーモスに歴戦王テオ、歴戦王クシャまで一気に出てきちゃったもんだからネタが大渋滞しておりまして。

 

実は遡ること2週間。アステラ祭を題材に「モンスターの生態」のお話を思い付いたのですが、形になったのがアステラ祭も終わりベヒーモスも倒した後だという(´﹃`Ⅲ)

ようやくの御披露目です。

 

https://syosetu.org/novel/94438/14.html

 

今回のお話、舞台はベルナ村のオトモ農場。湯たぽんが新大陸に移動してしまったので、ダブルクロスで大量に雇っていたオトモ達はベルナ村に取り残されてしまいました。

そんな中、新大陸へ湯たぽんと共に渡っていたオモチから、後輩オトモ猫のハッピに手紙が届きます。ちょっぴり腹黒なオモチの手紙に警戒するのは、ハッピの兄ハッカ。2匹はどんな目に遭ってしまうのでしょうか?

 


f:id:u-tap-on10:20180810225557j:image

こんな顔しながら、ウチのオモチは腹黒です。可愛けりゃ何しても許されると思うなよ。

 

上記URLから小説ページに飛べます。「モンスターの生態」の他のお話や、「最後のハンター」や「賢者の力」シリーズなどもありますのでお気に召しましたらそちらも是非。

 

 

さて、それではお話スタート。

 

 

 

祭とハッピとハッカ飴

 

「兄ちゃん!新大陸ニャあ、アステラ祭とかいうのがあるらしいニャ!」

 

双子の弟、ハッピが喚きたてるのを、兄であるハッカは冷めた面持ちで聞いていた。

 

「祭といっても、アステラは調査拠点だニャ。そんニャ浮かれたイベントやるもんか。せいぜいボウガンの火薬を使って花火打つとかじゃーニャいかニャ」

 

このオトモ猫の兄弟、同じ空色の毛で耳も同じ丸耳、丸尻尾も同じで眼もそっくり。ただしハッカは右目が赤、左目が青なのに対して、ハッピは逆。そのくらいしか見た目の違いが無い兄弟がちゃんと見分けがつくのが、このテンションの違いのためである。

 

「うんニャ!絶対に花飾りとかオブジェ作ったりとか!セーダイに飾り付けするんだニャ!あとはお祭りのご馳走も!オモチセンパイからの手紙に書いてあるニャ、間違いニャい!」

 

新大陸から届いた、オモチのサイン(肉球スタンプ)が書かれた封筒を振り回し、なおも興奮しながらハッピが喚く。名前、法被(ハッピ)の通り、とにかくお祭り好きなオトモ猫なのだ。

 

「・・・・どこまでがオモチ君からの手紙の内容で、どこからがお前の妄想ニャんだろうな。ちょっと読ませてみろよ」

 

対して、どこまでも冷静なハッカ。名前の通りミント、つまり薄荷(和名:ハッカ)のようにクールなのだ。

そんな兄が手紙を奪おうと前肢を伸ばすのを遮って、ハッピは余計に興奮したように飛びはね始めた。

 

「これはオモチセンパイがオイラにあてて書いた手紙だニャ!兄ちゃんが読むモノじゃニャいニャ!」

 

なにやら、ムキになっているようにも見えるハッピ。なんとなくピンと来るものがあり、ハッカはそらぞらしく手紙とは反対の方を向くと、芝居がかった声音で語り始めた。

 

「そーいえば・・・・えーとそうだ」

 

インテリ然としてはいるものの、ハッカも結局はハッピの兄。頭の回転はけして早くはない。騙そうとしているのが見え見えの浮わついた口調で必死に話をでっちあげる。

 

「ア、アステラ祭ではえーと色んな出店があって、き金魚すくいならぬ、あれだ・・・・えっと"ヴォルガノすくい"が大人気らしいニャ」

 

「ニャ・・・・ニャんだってぇ!?」

 

「ほいっと」

 

「・・・・あっ」

 

不自然極まりない臭い芝居にあっさり騙されて、あっけにとられたハッピの隙をついてオモチからの手紙を封筒ごと奪ったハッカ。そのまま便箋を開く。

しかし・・・・

 

「ニャんで兄ちゃんがヴォルガノすくいの事を!」

 

「・・・・?えーとニャにニャに。"アステラ祭が始まってから、ご主人の湯たぽんはヴォルガノすくいばかりやってるニャ"だって。ってマジかこれ」

 

何故か口から出任せが図星となってしまった。

 

「"金冠サイズを倒したくて、竜結晶のロックフェスに入り浸ってヴォルガノすくいの毎日ニャ。竜玉も足りニャいらしくて、ジュラドトすくいもやりまくってるニャ"・・・・ニャんだこれ」

 

微妙に嘘と本当が入り交じっているらしき手紙を適当に読み飛ばすと、封筒を取り返そうとまとわりついてくるハッピを避けながらハッカは封筒の中を探り始めた。

 

コロン

 

「あっ・・・・」

 

しまったというように、ハッピが小さく声をあげた。ハッカも予想していたそれは、小さな紙に包まれた丸い塊だった。

 

「やっぱりニャ。隠そうとするニャら始めッからこれだけしまっとけば良いのにニャ、ハッピ」

 

「ぐニャぁ・・・・オイラの手紙ニャのにぃ」

 

包みを開いてみると、中からはピンク色の大きめの飴玉が出てきた。包み自体も手紙になっているようで、小さく文字が書いてある。

 

「"アステラ祭で売られてるのを見つけた、ハッカ飴だニャ。キミのお兄ちゃんにぴったりだからあげるニャ。クールばっかり気取ってニャいで、コレを食べてたまにはハジケると良いニャ、って伝えといて"だとさ・・・・ふぅん」

 

ハッピに宛てた手紙なのに、飴玉は1つだけ。それがなんだか悔しくて、あげたくなかったのだろう。ハッピがうらめしそうにハッカの前肢に握られた同名の飴を見つめている。

 

 

「アステラ祭で売られていた、ねェ・・・・ハッカ飴と言っても・・・・んーニャぁ・・・・」

 

慎重に、飴玉の匂いを嗅ぐハッカ。ミント(ハッカ)の香りはしない。

 

(コレを食べてハジケると・・・・か。新大陸では確か・・・・ということは・・・・よしッ)

 

ハッカは今までの考え込んでシワのよった顔を急に崩すと、ハッピに向けて前肢を差し出した。

 

「ホラ、やるよハッピ」

 

「え!?良いのかニャ!?」

 

パアァ、と眼を輝かせてハッピ。アステラ祭に行きたくて仕方ないハッピは、せめて祭の味だけでも体験してみたかったのだ。受け取るや否や、口の中にポイとハッカ飴を放り込む。

 

 

 

味を確かめるため舌で飴玉を転がす。アゴを突き出し眼は虚空を見つめ、なんとも間抜けな顔で数秒。

 

 

 

 

 

 

ボムッ

 

 

 

 

 

 

突然、ハッピの顔が普段の3倍の大きさに膨らんだ。飴玉を放り込んだ頬なんかは5倍にはなっただろうか。

 

眼を究極まで開いた間抜けな表情のまま、完全に停止したハッピ。口や鼻、耳からはモクモクと白い煙まで出ている。

 

「あぁ、やっぱりニャ。可哀想にハッピぃ・・・・」

 

いまだにクールなハッカは、ぱたぱたとハッピの顔をうちわであおいでやっている。ハッカはオモチのイタズラを既に察知し、ハッピの口の中での小爆発の理由も分かっていた。

 

「ハッカはハッカでも、薄荷(ハッカ)じゃニャくて発火(ハッカ)の飴じゃニャいか。オモチ君、殺す気かニャ」

 

こんな状態でも絶対に死んでいない弟をうちわであおぎ続けながら、ハッカは遥かな海の向こう、新大陸のオモチに呼び掛けるように虚空に向けてつぶやいた。

 

「クールだ、クールだって言われるけれど。ボクだってボクなりに新大陸にワクワクドキドキしてるんだニャ。ハッカの実は新大陸じゃ火薬の調合材料、てことは予習済みなんだニャ」

 

たまにはハジケろ、というオモチの手紙の一部だけでそれを察知できる程度にはハッカも定期船でもたらされる新大陸の情報に聞き耳を立てていたということ。アステラ祭に夢中になっている弟ハッピと同じように、ハッカも新大陸の植物や調合に夢中になっているのだ。

 

 

 

ワクワクの仕方は、人それぞれ、猫それぞれということである。

歴戦王の大ゲンカ(クシャルダオラの閃光耐性)

そろそろ・・・・良いかな?(笑)

 

歴戦王テオのクエストが配信開始され、ソロで倒しマルチでワイワイ楽しみ、一通り必要素材を集め終わり、十分に体験してきました。

 

そろそろこの時間なら、楽しみにしていた人達はだいたい一度は体験しているでしょう。ネタバレしちゃっても大丈夫だよね。

まぁ前回日記でネタバレしてるけど。今回は日記タイトルでネタバレになってるからね。

 


f:id:u-tap-on10:20180810220012j:image

と、言うことで。歴戦王テオ・テスカトルのクエストに登場し、恐らく多くのハンターを驚かせたであろう歴戦王クシャルダオラ

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810220150j:image

体色は言うなればメタリックシルバー。過去作で登場した錆びたクシャルダオラとは違い、鮮やかでなんだか格好いいですね。写真の撮り方絶望的に下手だけど。スクリーンショットボタン押した瞬間にちゃんと保存してくれないもんですかね。

 

さて、この歴戦王クシャル。当然の話今回のイベントクエストで倒しても鋼龍チケットは手に入らないため、戦う意味はありません。絶対倒すハンターさん出てくるだろうけど。

 

しかし、それでも確かめたい事は皆あるはず。

 

 

 

閃光玉効くん?

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810220650j:image

効きませんでしたぁっ!

 

・・・・いえ、正確には効きます。でもひるむだけで落ちてきません。

もぉこれだけで次回の歴戦王クエストで地獄を見ることは確定しましたね。どう対策しよう・・・・

歴戦王の大ゲンカ(テオ・テスカトル)

ベヒーモスの興奮も冷めやらぬ、いやむしろまだ倒せていない人も居るのに、もう次は歴戦王テオテ・スカトル。何やらCAPCOMさん生き急いでいませんか?

 


f:id:u-tap-on10:20180810115051j:image

焼け爛れたかのような、濃いめの艶がかかった歴戦王テオ。ノヴァの範囲が広がっている、閃光耐性がついてるなどの噂もありましたが、ノヴァ範囲は変わらず閃光も効きました。ノヴァの動作中には試せなかったのでそこだけ耐性がある可能性はまだ否めないですが。

とはいえ、戦ってみた感じ攻撃力と体力が上がっているだけに思えたので、通常、歴戦テオに慣れている人ならさほど苦労はしないのでは?

 

 

 

・・・・と油断したところでアレが出ました。

 

 

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810115747j:image

・・・・!?

乱入者がいる!?

 

 

 

とはいえ、前回の歴戦王ヴァルハザクの時もオドガロンが居ましたし、正直予想済みでした。恐らく、クシャorナナが乱入者として出現するんだろうなー

 

 

 

と、考えて気を落ち着かせたのもつかの間。

 

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810120036j:image

ちょっと待てよーく見て?クシャのアイコン

 

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810120113j:image

歴戦王じゃねーか!

王同士で縄張り争いって、それ文字通りの意味なら戦争だからね?

 

 

 

まぁ、ビビったのも一瞬のこと。歴戦王クシャは縄張り争い後即座に逃走したので戦うことはありませんでした。

 

結果、19分で討伐。3戦して14分まで縮みました。人によるでしょうが、今までの歴戦王の中では一番戦いやすかったのではないでしょうか?

 

 

 

と、思ったのもまた油断でした。今回覆されすぎだな。

今回の歴戦王で一番えぐいと思ったのがこちら。

 

 


f:id:u-tap-on10:20180810120736j:image

DMCエストをあらかじめやってなかった人、またはレッドオーブを使いきってしまった人は重ね着装備が使えないという事実。

 

ベヒーモスと環境生物


f:id:u-tap-on10:20180808000059j:image

ちっちゃいサボテンダーうぜええええええ!!!!

 

・・・・こほん、すみませんいきなり本音が出てしまいました。

 

前回の予告通り、モンハン×FFコラボの、ベヒーモス以外の部分をご紹介。

クリスタルの力が暴走し、FFの世界エオルゼアとモンハン世界の新大陸がつながってしまったというストーリーでした。

 

 


f:id:u-tap-on10:20180808000401j:image

大蟻塚の砂漠地帯にサボテンダーが集結していました。このサボテンダー(ホントはミニサイズのミニテンダーなのですが分かりにくいと思われるのでサボテンダーと表記します)、環境生物なので捕獲ネットで捕まえて持ち帰れば自宅に放し飼いにすることができます。

 

 

 

・・・・が。


f:id:u-tap-on10:20180808000636j:image

大きすぎて怖い

でっかいほうのサボテンダー。レア生物なのかと思いきや結構います。むしろミニサボテンダーのほうが出現率低い気がします。ちなみにコイツ針千本飛ばしてきたりする危険物です。フィールドで針千本を被弾すると一撃死するらしいです。

 

 

 

ミニのほうはミニのほうで・・・・


f:id:u-tap-on10:20180808000059j:image

写真一枚目。


f:id:u-tap-on10:20180808000924j:image

二枚目。これスクリーンショットボタン連打してます。この速度で延々ノンストップで部屋の中走り回っているのです。

 

 

極力優しめに言って、うざい。

 

うざいけれど・・・・笑えること間違いなしなので、コラボクエストの最中に捕まえておくことをおすすめします。探索でも出ます(昼でしか発見できませんでした。下位ではどうだろう?)が、そこそこ確率低いようです。

ベヒーモスハント


f:id:u-tap-on10:20180804093624j:image

ベヒーモス、なんとか倒せました。

 

やはり、強い。2回クエスト失敗しました。狩り友3人で行きましたが、そのうちの狩り友R氏は実装当日がたまたまお休みで、朝からやっていたそうですが。

 

野良パーティーで挑戦し続けて20連敗したそうで。

 

夜になり、仕事が終わった僕と狩り友D氏も合流しましたが初見ゆえに2回失敗。3回目の挑戦で討伐できましたが、R氏にとっては苦節23戦、ようやくの勝利という事になるわけですね。

 

 


f:id:u-tap-on10:20180804094421j:image

ちなみに装備はこのとおり。ガード性能を3に落とすとガード時のけぞるようにはなりましたが、反撃できる砲撃回数は変わらなかったので、気絶耐性を選びました。

中盤以降、ベヒーモスの攻撃パターンにサンダーボルトが追加されるので、雷属性やられによる気絶確率アップを無効にします。防御はできますが発動が早く事故被弾が多いですね。

メテオのダメージを抑えるのに火耐性もつけてみましたが、慣れてきたのでこれは納刀にしたほうがいいかもしれません。

 

他の二人も似たようなスキルのガンランス。新システム、敵視を取るのが意外と難しかったので誰が狙われても対応できる「全員タンカー」パーティーだと、事故死は減るのではないでしょうか。そういえば四人パーティーも試していないので、どの構成がいいかはまだ分かりませんね!

 

まぁ、まだ実装されたばかりだし何とも言えませんし、さらに強化ベヒーモスも後に控えているので本当は公式の推奨通りアタッカーヒーラータンカーの役割分担をしっかり決めた方が良いのも間違いないんですけどね。

 

次回は、FFコラボでの他の追加要素を紹介。実はベヒーモスだけではないのですよ。